塩素によって肌が荒れるのを防ぐ風呂の浄水器

風呂ではシャワーを浴びたり湯船に浸かったりしますが、そこで使われているお湯はもちろん水道水です。

日本の水道水は綺麗だと言いましても、塩素を使って有害物質を取り除いていますので、どうしても塩素が残っている状態になってしまっています。また、完全に有害物質を取り除けているわけではありませんので、完璧で綺麗なお湯というわけではありません。塩素や有害物質が残っている状態のお湯を使うとどうなるのか、人によりますが、肌が弱い人は特に肌荒れになってしまう可能性があります。

肌や髪の毛に人一倍気を遣っている人は、このお湯を使って肌や髪の毛を洗ってしまっていいのか気になってしまいます。どうしても気になる、どうにかしたいのならば風呂の浄水器を導入しましょう。近年では、風呂の為の浄水器を導入している人が多くなっており、その理由は肌や髪の毛に悪影響を与えたくない、肌が弱いので出来るだけ綺麗な水で洗いたい、まだ小さい子がいるので肌が荒れてしまわないようにしたいなど、このような理由です。

髪の毛や肌が傷んでしまう原因は、紫外線や乾燥、ストレスだけではありません。シャワーや湯船に含まれているお湯、そこにある残っている塩素が原因という場合もあるというわけです。塩素には髪の毛に含まれているたんぱく質を参加させるはたらきがあるので、長時間それを使い続けていると髪の毛にダメージを与えてしまいます。パサついたりキューティクルが剥がれる可能性があります。もしも、髪の毛や肌に気を遣っており、出来るだけ傷つけたくないと思っているのでしたら、思い切って風呂に浄水器を導入してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *