お風呂に浄水器をつけるメリット

最近は、飲み水だけでなくお風呂のお水にも浄水器を使っている人が増えてきているのをご存知ですか。

水道から出てくるお水には消毒のための残留塩素が含まれています。残留塩素は水道水の細菌の繁殖を防ぐために必要なものですが、実は酸化作用があり、肌や髪に悪影響を与えると言われているのです。残留塩素が入った水道水で肌や髪を洗うと、皮膚のタンパク質が酸化・分解されたり、髪のキューティクルが傷んでしまいます。また、人によっては肌のバリア機能の低下や角質層の水分不足などを引き起こすため、ドライスキンと呼ばれる刺激を受けやすくトラブルを引き起こしやすい肌へ導いてしまうと言われているのです。

肌や髪を守るためには、お風呂にも浄水器を設置することにより残留塩素をできるだけ除去することが必要です。お風呂に浄水器を設置するメリットとしては、肌や髪への刺激から守るだけではありません。水道水は独特のカルキ臭がしますが、このカルキ臭は水道水に含まれるアンモニアをはじめとする有機物と残留塩素が反応したものです。

残留塩素を除去することによってカルキ臭も発生しないので、嫌な臭いのしないまるで天然水のようなお風呂を堪能することができます。入浴時やシャワー使用時の肌を刺すようなピリピリとした感覚が軽減されます。さらにカルキ臭のないお湯に柑橘の皮などを浮かべればとても爽やかなお風呂を楽しむことができたりと、日々の入浴ライフをより一層を楽しめます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *