家庭の蛇口に浄水器をつけるメリット

毎日何気なく使用している水道ですが、世界から見ると蛇口をひねって綺麗な水が出て、そのまま飲用できるという国はごく僅かです。

その僅かな国の中でも、日本は水道の水質に関してはトップクラスと言われています。しかし、衛生的に問題がないと言われていますが、その衛生を保つためには浄水場での処理工程をいくつも通過する必要があり、そのなかには殺菌を目的として塩素などが使用されています。もちろん、飲用するにあたって人体に影響のないレベルの使用ではありますが、自治体や浄水場からの距離などにより、塩素臭を感じる方もおられます。また、水道の水は水道管を通じて配水されるため、古い水道管の場合、さびやカビ臭さについても気になる方はいるようです。

そして、水道水で気になるのがトリハロメタンなどの有害物質の存在です。トリハロメタンは水道水の殺菌の塩素処理による副生成物で、多量に摂取すると命の危機にも関わる物質です。しかし、日本の水道水の基準は大変厳しいもので、このトリハロメタンは水道水に含まれていても健康には問題のないものとなっています。しかし、水道水に含まれている物質はトリハロメタンだけではありません。

いくら問題がないと言われていても、臭いや有害物質は気になるものです。小さなお子さんがいる家庭ではなおさらのことでしょう。そんなときの救世主が浄水器です。浄水器を設置することで水道水がより美味しく、安全なものとなり、わざわざ重い思いをしてペットボトルの水を買う手間が省けるメリットがあります。メリットはそれだけではなく、費用面でも現れます。浄水器は導入時に購入費用が発生しますが、ランニングコストはフィルター交換までかからないためペットボトルの水の価格より大幅に安く使用できるメリットもあるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *