美味しい水を得るために浄水器を導入するメリット

自宅で美味しく安全な水を確保する方法には、様々なものがあります。

日本国内では清らかな湧き水をそのまま利用し、浄水時に必要な次亜塩素酸などの薬品の仕様を最小限に抑えている「ミネラルウォーター」に近い水源の水道水がある一方で、都市部では川やダムから取水して高度な処理を実施して水道水を供給しているケースも多くあります。質の高い水道水を得られる自治体への転居というのは簡単ではありませんが、浄水器を設置することやウォーターサーバーを導入することで水道水の問題を改善することができるため、これらが現実的な方法と言えるでしょう。

それでは浄水器とウォーターサーバーとではどのような違いがあるのかを、コスト面と使い勝手とのメリット比較をしてみます。浄水器の大きなメリットとして挙げられるのが、各家庭に供給されている水道水を利用することができるために、ランニングコストがきわめて安く済むということです。

ウォーターサーバーの場合には、定期配送を契約しなければならない場合がほとんどですので、月額で数千円の固定支出が発生することになります。水道水はそれと比較して大幅に安価に利用できますので、圧倒的にランニングコストの面で勝っています。使い勝手でも水道水を利用する浄水器に一日の長があります。ウォーターサーバーの場合には、ボトルの水がなくなり交換用の水もなくなるという「水切れ」の心配がありますが、浄水器にはその心配もありません。必要な時言必要な分のきれいな水を手に入れられるメリットは、大きなアドバンテージです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *