浄水器のメリットは不純物を取り除ける

浄水器を使うメリットは、フィルターでいろんな不純物を取り除くことができる点です。

水道水は雑菌をできるだけ残さないように消毒が行われますが、その時使われるのは塩素です。もちろん体に悪影響が出ない範囲で使われていますが、残留塩素が気になる方もいるでしょう。フィルターを通すと残留塩素の除去率が高くなり、およそ80%は低下させることができます。きれいな水を飲めるようになるのは素晴らしいですが、注意が必要なのは塩素が取り除かれた分雑菌が繁殖しやすい状態になるので、コップに飲み残した水をいつまでも放置したり汲み置きしたままにしたりしないことが大切です。

水道水には他にもクロロホルムや溶解性鉛、トリハロメタンなどが混ざっていることがあります。発がん性物質であるトリハロメタンは、特に気になっている方もいるのではないでしょうか。水道水に混ざっている量は長年摂取しても問題がない量とされていますが、体に受ける影響の度合いは人それぞれで、体質によって違いがあります。

浄水器のメリットとして、問題がないと言われているけど心配なトリハロメタンなども高い除去をできるから、子どもにも安心して飲ませることができます。水道管が劣化している状態は、普段知ることができません。濁りやサビなどが混ざっていてもフィルターを通していれば、問題ない飲水として使うことが可能です。浄水器のメリットは、どんな設備状況であっても、おいしい水を飲める状態にしてくれるところでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *