浄水器の選び方を性能で決める

浄水器と言っても数多くありますから、どんな選び方をするのか悩んで決まらないということも多いです。

手軽な蛇口直結型やポット型、据え置き型にアンダーシンク型といろんな種類がありますので、そちらから選ぶこともできますし、性能面を吟味して考えるという選び方もあります。浄水器にはろ過するためのろ材がありますが、使われている材料によってどんな不純物や有害物質を除去しているのかという違いも出てきます。よく名前を見かける素材の一つに活性炭がありますが、細かい穴が無数に開いている炭素から成る物質で塩素やカルキ臭を取り除くだけでなく、活性炭に細菌等を吸着して除去します。

この活性炭に加えてろ過膜式を組み合わせたタイプも非常に多く利用されていて、中空糸膜と呼ばれるミクロン単位の無数の穴が開いた化学繊維を炭と組み合わせてろ過を行います。一般的な浄水気によく利用されているので、見かける機会は一番多くなりそうです。

最小口径が重要で、数値が小さくなるほど有害物質や細菌を通さないということが分かります。他にも逆浸透膜、RO膜もありますが、水分子しか通さない膜に圧力をかけて純粋を作るという方式の浄水器です。いろんな種類があるのでじっくり見ていくと、どんな風にろ過されていくのか興味が湧いてくることでしょう。予算やライフスタイルだけでなく性能も選び方を考えるときには重要になってくるので、しっかりと仕様を確認して決めて下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *