浄水器の賢い選び方は機能を知ることから

今やより安全で綺麗な水が飲めるということで、一般の家庭にも浄水器が普及しています。

自宅に設置する浄水器の失敗しない選び方は、まずどのような機能や種類があるかを知ることです。浄水器の基本的な機能は、水道水に含まれている有害物質を除去することです。浄水する際に水をろ過する物質をろ材と言いますが、これには何種類かあります。まず活性炭は塩素やカルキ臭を除去する機能があり、比較的安価ですが交換の頻度が高めで長期的にみると運用費が割高になる可能性があります。

活性炭と共に中空糸膜という化学繊維を用いるものもあり、浄水機能が高く有害細菌も通しません。さらに、逆浸透膜を用いたものもありますが、これは体にとって有益なミネラルも除去してしまうという短所があります。どのような設置方式のものにするかをよく考えることも浄水器の選び方の大切なポイントです。蛇口直結型はスリムで場所を取らず、台所や洗面所に使えるので便利です。

据置型は台所のシンクの傍などに設置するタイプで、大型で場所をとりますがフィルターも大型になるためろ過能力も高くなります。アンダーシンク型は台所の下に設置するタイプで、高い浄水性能をもちますが取付工事費がやや高価な点が短所です。この他にも、今飲みきるだけの浄水をつくる容器タイプやシャワーヘッドの内部にフィルターをつけるタイプなどがあります。日常生活において、どのくらいの性能のものをどこで使うのかをよく検討することが、失敗しない選び方の秘訣です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *