自宅で据え置きタイプの浄水器を使用するメリット

家庭用の浄水装置にはさまざまなタイプがあり、自宅の環境に応じて好きなものを選ぶことができます。

例えば、据え置きタイプの浄水器は導入がしやすい点がメリットの一つといえます。据え置き式の浄水器は一見すると設置が大変なように見えますが、実際にはさほど難しくなく、説明書に記載されている手順にしたがって見様見真似で作業をすすめれば問題なく設置することができます。

価格は高性能のものだと10万円を大きく超えますが、そこまでの性能を求めていない場合は2万数千円から5万円程度で良い製品が購入可能で、比較的導入しやすいタイプです。浄水装置を導入する際に価格面以外で気になることの一つといえば、不純物の除去能力ですが、据え置きタイプの浄水器はこの面においても導入のメリットが大きいといえます。

蛇口直結タイプの製品についているフィルターは簡易なもので、不純物の除去能力もそれなりですが、据え置きタイプの浄水器は製品によってはビルトイン式のものに匹敵する除去能力を持っています。搭載されている機能についても、蛇口直結タイプと比較すると豊富で、製品によっては専用のカートリッジを取り付けることで軟水をつくることや、水素イオン指数を設定することで生成水の酸性度を調節することなどができます。

小さい子供がいる家庭が浄水装置を使用したいとき、予算をある程度多めに確保しているのであれば、導入の手軽さと性能のバランスが良いこのタイプを第一候補とすると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *