缶バッジを販売促進に利用するには

缶バッジは製作費があまりかからず、持ち運びや保管が容易なためノベルティグッズとして人気があります。ノベルティとはターゲットとなる消費者に配られるグッズで、商品やサービスの販売促進を目的としています。企業名や商品名、サービス名などが記載されたグッズを多くの消費者に配布することで宣伝効果が期待できます。缶バッジが初めて販売促進に利用されたのは1898年のアメリカで、人気キャラクターをデザインして高い効果を実証しました。

現在でもノベルティグッズの1つとして缶バッジは重要な存在であり、多くの企業が販売促進に活用しています。ノベルティはより多くの消費者に配ることで高い宣伝効果を発揮するため、大量に製造されるのが通常です。ただしインターネット上には様々な缶バッジの専門店があり、10個程度の小ロット生産に対応しているケースもあります。少量のバッジが必要な場合には、対応可能な専門店を見つけて相談してみるとよいでしょう。

各店ごとに得意とする分野に違いがあるので、求めるデザインや量のバッジを製造してもらえるお店を見つけることが重要です。ノベルティグッズにはバッジの他にもティッシュやタオル、ボールペンやメモ帳など様々なものがあります。これらに共通しているのは製造費が安くて配りやすく、受け取った消費者が喜んでくれるという点です。例えばバッジを使って販売促進を図りたいのであれば、人気アニメのキャラクターなどをデザインに採用してみるとよいでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする