缶バッジを使っての営業活動

最近缶バッジを使った営業活動を行っている人もいます。注文すると自分の欲しい缶バッジを作ってくれるために、自分のお店の宣伝に使っているのです。ロッドがあるために、少数では作れないのでたくさん作ったほうが得なのですが、缶バッジに自分の店のロゴを入れたりして配ったりできます。ティッシュのようにすぐなくなるものではないので、残りやすいのがメリットです。

大きなものではないので、拒否されることも大きくは少なく渡すことができるのがメリットです。子供連れの子供さんにおもちゃ代わりに渡したりできます。作る方法は作りたい画像を準備し、製作する会社に送付します、すると1,2週間ほどで出来上がりますので展示会の前などで注文するとよいでしょう。数は最低でも50ぐらいが相場ですので、いっそたくさん作ったほうがトータルで見ると安く上がります。

賞味期限や消費期限があるものではないために、長く保管できるため一度たくさん作っておいてイベントがあるために配ることができます。お店の内容などだと渡しづらいという人は、例えば自動車を販売する会社でしたら自動車を印刷してみたり関連する画像を使用すると華やかになります。そして隅に自分の会社名などを入れておくと渡しやすくなるでしょう。ボールペンやティッシュはいずれなくなってしまいます。

しかし缶バッジは意外と、長く持たれやすいものです。そのために子供のおもちゃに利用してもらえるように気配りながら、製作すると用途が増えてくるのです。缶バッジのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする