様々な場面で活躍する缶バッジ

缶バッジは、販促活動に使うことができます。企業のブランドロゴやキャラクターなどを入れて配ることで、イメージを高めることが可能です。チラシであれば捨てられてしまう可能性がありますし、DMも開封されないリスクがあります。その点、缶バッジはすぐに捨てられる可能性は低く、長く宣伝効果を維持できます。

それでいてコストはあまり高くないので、宣伝活動に最適なツールです。缶バッジを製作してくれる会社も多く、依頼すれば簡単にオリジナルで作ることが可能なので、調達にもあまり困りません。実績豊富な会社であればクォリティも高く作ってくれるので、企業イメージを損なうこともないでしょう。活用できるシーンはビジネスの場だけではありません。

例えば、幼稚園で組の缶バッジを使うことがありますが、それを製作依頼することも可能です。他には、記念日のプレゼントで写真やイラストを入れて渡すという活用も考えられます。正直、汎用性が高いので使う場面は考えようによっては無限大です。特に制約がないですし、印刷するデザイン次第でどのようなイメージにもすることができます。

自作するのは大変ですが、製作会社に依頼すればデータの作成だけは自分で、後はすべてお任せでOKです。そのまま販売したい場合は、パッケージに入れて納品するオプションもあります。面倒な封入作業をする必要がないので、無駄な人件費を削減することにもつながるなど、製作会社は役に立ちます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする