シール・ステッカーの特徴

シール・ステッカーは、さまざまな分野で使用されているものになり、種類も豊富にあります。シール・ステッカーは、それぞれ違った特性があります。シールは主に屋内で使用することを目的にしているものになり、食品シールや社名シールなど幅広い用途に対応することができます。ステッカーに比べてコストが抑えられることができるところがメリットのひとつになります。

フィルム基材の用紙などもあり、このような用紙を使用すると耐水性があります。和紙素材などさまざまな素材で作ることができるので、質感やデザインにこだわることができます。表面加工は一般的にラミネート加工になり、素材となるシール・インクを保護する役割があります。光沢感があるものや、つやがないマットな仕様にすることもできます。

のりの種類は、一般粘着タイプ・訂正糊タイプ・再剥離タイプがあります。ステッカーとは主に屋外で使用することができるものになります。雨や風などの影響をうけずに使用することができるので、使いが手が良いです。イベント用やバイク・車用など幅広い用途があります。

紫外線カットのラミネート仕様や防水性のある塩ビ素材などの仕様にすることができます。紫外線カット仕様のものは、紫外線による影響によって引き起こる色あせを防止することができます。フルカラー印刷も可能になるので、発色が良いです。オリジナルのシール・ステッカーは専門業者に依頼すると、作ることができ、仕上がりのクオリティーも高いのでおすすめです。

シール・ステッカーのことならこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする